乳酸菌を含む身近な食品

乳酸菌には整腸作用や免疫力の活性化などの働きがあります。 乳酸菌は食品から摂取することができます。 乳酸菌が多い食品というとヨーグルトをまず思い浮かべるのではないでしょうか。

整腸作用を期待して毎日食べている方もいると思います。 ヨーグルトは乳酸菌によって発酵させた食品で、 ブルガリア菌やサーモフィルス菌といった菌で発酵させます。 その他にも商品によってさまざまな乳酸菌が加えられています。

乳酸菌を含む食品はヨーグルトだけではなく、日本の伝統的な食品にも乳酸菌を含む食品があります。 日本人が昔から食べてきたのが漬物です。漬物も乳酸菌の力で発酵しています。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌とは種類が違い、植物性食品に含まれているので、 植物性乳酸菌と呼ばれています。すぐき漬けから発見されたラブレ菌などが有名です。

さまざまな漬物がありますが、発酵していないと乳酸菌は含まれていません。 浅漬けは発酵していないので乳酸菌が含まれない食べものです。 乳酸菌を含んでいるのは、ぬか漬けやすぐき、すんきといった発酵したものです。 スーパーにはさまざまな漬物が販売されていますが、添加物を使用していたり、 味がついているだけで発酵していないものもあるので、乳酸菌を摂取することはあまり期待できません。

たっぷりと乳酸菌を摂るなら自分で作るのがよいでしょう。 簡単に作れるぬか漬けセットが販売されていて、自宅でも手軽に作ることができます。 韓国の代表的な食べもののキムチを乳酸菌を含む食品です。 ぬか漬けの酸っぱさが苦手でも辛いキムチなら食べられという方もいます。 辛くない水キムチというものもあります。 水キムチも発酵している食品で、唐辛子を使用していないので辛くありません。

漬物は乳酸菌だけでなく食物繊維も摂ることができます。 食物繊維には不溶性と水溶性があり、不溶性食物繊維は便のカサを増やす、 腸の働きを活発にするといった働きがあり、水溶性食物繊維は腸内の善玉菌のエサになったり、 糖や脂肪の吸収を抑制します。乳酸菌との相乗効果で便通がよくなることが期待できます。乳酸菌サプリ 便秘

動物性食品に含まれる動物性乳酸菌と植物性食品に含まれる植物性乳酸菌では、 胃酸に対する強さが違うといわれています。 乳酸菌は酸や熱に弱く、胃を通過するときに胃酸の影響で死滅することがあります。 酸と塩分濃度が高い過酷な環境で生き抜く植物性乳酸菌は、胃酸に負けずに腸に届くといわれています。 食品から摂った乳酸菌は腸に定住しないので、腸内環境を改善するには毎日食べ続けることが大切です。