転勤で単身引越し

26年間の中で半年前から、一人暮らしが始まりました。 転勤により違う土地へ単身引越し。 そして、不安と期待を胸に一人暮らしをし、ようやく半年を迎えました。

半年間、振り返ってみると、1人暮らしをして思った事が多々あります。第一に思うことは、口数がかなり減ったことです。やはり家に帰宅してから両親がいると、今日はこんなことがあったや、週末にでかけようなど、家族で話す機会か多かったように思います。もともと、静かに暮らすのが好きですが、思った以上に無言が続くと、急な電話で声がしっかり出ない事があります。知り合いに話しても、そんなことは無いよと言われるんですが、これは実体験です。

また、友達の話ですが、テレビに話しかけることが増えたと言っていました。 バラエティを見て笑いながらつっこむ。やニュースを見て、物騒やな~など多数。 私自身はテレビに話しかけることはほとんど無いですが。笑う程度で。

第二に自分のペースがかなりできること。 どうしても同居人が居ると、自分の時間軸だけでなく、人の動きが目に付きます。 身近な所でいうと、洗面所など家の場所で重なってしまうなど。 今思えば、好きな時に好きな場所で好きな事ができる。 これは1人暮らしのペースだということを実感しました。 第三に、これは逆に辛いことですが、急にお金が必要になった時の手助けが無いこと。

そして一番大きいのは、病気をしたときの孤独感は大きいです。 少しの病気でも1人だと不安にかられ、これ以上悪化した場合などを考えてしまいます。 孤独死とまで大きく思ってしまうなど。一人暮らしは自分のペースで何事もできるのですが、 孤独や不安などが付きまとうと、それを解消する方法が難しい事が挙げられます。そのようなことをここ半年で感じ、これから次の一人暮らしのステップを考えるようになります。

私が便秘を解消した意外な方法

私は今まで便秘で悩んだことはありませんでしたが、以前1度だけそれで悩んだことがありました。

今までなかった分、その時はかなりひどく、数日間便秘の状態でした。

程よくお腹は痛くなるのですが、何故かずっと出なかったのです。

まずいろいろな方法を試しました。

ネットで見て、善玉菌を増やすといいという記事を見てヨーグルトなどをたくさん食べました。

それでも解消できませんでした。

その後ストレスや不規則な生活も悪影響があるということで、生活習慣をよくしました。

十分な睡眠を取ったり、適度な運動をしたり、自分の好きなことをしてストレスを溜めないように努めました。おすすめの酵素サプリ

しかしそれでもなかなか出ませんでした。

次にこのままではよくないと思いながら、気にし過ぎが原因かもしれないと感じ、便秘のことを考えないようにしました。

しかしこれも、考えないようにしようと思えば思うほど、便秘のことが気になって仕方なくなりました。

そうなると逆にどんどん悩んできて、このままだと大きな問題になるかもと焦りが募るばかりでした。

そんなとき、ある意外なきっかけで便秘が解消しました。

答えは寒さでした。

ある日の朝、家から出ると気温がとても寒いことに気付きました。

体がブルブル震えるほどで、辛い寒さでした。

寒さに震えながら駅まで歩いて行ったのですが、途中でお腹が痛くなるのが分かりました。

そして駅に着くころには、とてもお腹が痛くなっていました。

その後、ようやく便秘が解消する運びとなりました。

どういう理屈かは分からないのですが、思い切ってお腹を冷やすというのも、効果があるのかもしれません。

便秘や腹痛時によく効くお腹への運動は?

便秘になる体質の人の特徴として、元より腸の運動が不活発になり易いという事が挙げられると思います。腸の運動が不活発なままでいると、消化物やその残存物を便として直腸に送り出すパワーが足りず、そこで便がいつまでも詰まり、体外に出難い状態が続く事となってしまうからです。

こんな状態が続くと溜まった便は宿便化し、いずれ様々な病気の原因ともなってしまいかねません。常にスムーズな腸運動を促し便秘の無い生活を手に入れるにはやはりそれに適した運動やエクササイズを行うのが一番。

自らの腸自体を鍛える事は出来ませんが、その周囲を取り巻く腹筋系を意識して運動し鍛える事によって腸運動を強力にサポートし、快適なお通じを持続させる力となってくれるのです。

便秘解消には色々な運動やエクササイズが提唱されていますが、私が日々好んで行っているのはお腹の辺縁部に手の平を当てて適度に力を入れ、おへその周囲をぐるりと取り巻く様に揉みほぐしてゆくという運動。これに適度なインターバルで強めの腹式呼吸を間に挟むとより効果が上がります。

普段からの便秘予防に効果を発揮するばかりか、朝のお通じを促したり、腹痛や下痢になった時の症状改善に対してもかなりの効果が期待出来るのです。

メンタルヘルスと便秘との関連

便秘の悩みや症状は、メンタルヘルスの状態との関係性があるのではないかと、近年様々なところで指摘されています。気持ちの面で良好ではない人ほど、腸の動きが滞りやすくなるとされる認識が強くなってきており、メンタルヘルスを改善して便秘を良くすることに繋げる動きが本格化しています。ここ最近はその認識が大変強くなり始めているため、便秘に悩む人たちからも関心の示されるトピックとなりつつあります。

便秘の原因が何なのかを追求する段階で、精神的な面で問題を抱えていたり、常に悩みごとがあったりすることが該当するという人が、高い割合で存在しています。気持ちが不安定になることで、腸の動きも不活発になることがあるとみられているため、便秘の治療の在り方が積極的に議論される契機となっているのではないでしょうか。

こうした面で便秘の発生を予防することや、すでに発生した症状を改善することなどは、今後本格的に展開されるようになるものとみられています。メンタルヘルスの状態を把握しながら便秘を治療し、改善の可能性を高められるケースは、これまでよりも一層多くなるのではないかとみられているため、便秘に悩む人にとっても朗報として捉えられるでしょう。

乳酸菌を含む身近な食品

乳酸菌には整腸作用や免疫力の活性化などの働きがあります。 乳酸菌は食品から摂取することができます。 乳酸菌が多い食品というとヨーグルトをまず思い浮かべるのではないでしょうか。

整腸作用を期待して毎日食べている方もいると思います。 ヨーグルトは乳酸菌によって発酵させた食品で、 ブルガリア菌やサーモフィルス菌といった菌で発酵させます。 その他にも商品によってさまざまな乳酸菌が加えられています。

乳酸菌を含む食品はヨーグルトだけではなく、日本の伝統的な食品にも乳酸菌を含む食品があります。 日本人が昔から食べてきたのが漬物です。漬物も乳酸菌の力で発酵しています。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌とは種類が違い、植物性食品に含まれているので、 植物性乳酸菌と呼ばれています。すぐき漬けから発見されたラブレ菌などが有名です。

さまざまな漬物がありますが、発酵していないと乳酸菌は含まれていません。 浅漬けは発酵していないので乳酸菌が含まれない食べものです。 乳酸菌を含んでいるのは、ぬか漬けやすぐき、すんきといった発酵したものです。 スーパーにはさまざまな漬物が販売されていますが、添加物を使用していたり、 味がついているだけで発酵していないものもあるので、乳酸菌を摂取することはあまり期待できません。

たっぷりと乳酸菌を摂るなら自分で作るのがよいでしょう。 簡単に作れるぬか漬けセットが販売されていて、自宅でも手軽に作ることができます。 韓国の代表的な食べもののキムチを乳酸菌を含む食品です。 ぬか漬けの酸っぱさが苦手でも辛いキムチなら食べられという方もいます。 辛くない水キムチというものもあります。 水キムチも発酵している食品で、唐辛子を使用していないので辛くありません。

漬物は乳酸菌だけでなく食物繊維も摂ることができます。 食物繊維には不溶性と水溶性があり、不溶性食物繊維は便のカサを増やす、 腸の働きを活発にするといった働きがあり、水溶性食物繊維は腸内の善玉菌のエサになったり、 糖や脂肪の吸収を抑制します。乳酸菌との相乗効果で便通がよくなることが期待できます。乳酸菌サプリ 便秘

動物性食品に含まれる動物性乳酸菌と植物性食品に含まれる植物性乳酸菌では、 胃酸に対する強さが違うといわれています。 乳酸菌は酸や熱に弱く、胃を通過するときに胃酸の影響で死滅することがあります。 酸と塩分濃度が高い過酷な環境で生き抜く植物性乳酸菌は、胃酸に負けずに腸に届くといわれています。 食品から摂った乳酸菌は腸に定住しないので、腸内環境を改善するには毎日食べ続けることが大切です。

朝食をしっかり取ることで便秘を改善する

便秘を経験したことがある人、または現在便秘になっている人は意外と多いですよね。 自分の周りでも便秘を経験したことがある人はけっこういます。 便秘に悩んでいる人は、自分に合う便秘解消法を見つけたいですよね。

僕も便秘に悩んでいた時は、どうすれば便秘を改善することができるのかいろいろと考えていました。 当時は便秘になったり治ったするのを繰り返していました。 間隔的にはそんなに期間が空かなかったので、それほどひどい便秘ではなかったんですが、 便秘になる頻度が高かったのが悩みどころでした。 便秘を何度も繰り返すのが嫌だったので、どうにかして解決策を見いだそうと思いました。

まず普段から規則正しい生活をしようと思いました。 当時、僕は朝食を食べていなかったんですよね。 なので1日に2食の生活をしていたのです。

本当は朝食をしっかり食べた方がいいのですが、当時は朝起きてもお腹が空かなかったので、 そのまま何も食べずに外出していました。 規則正しい生活をするためには朝食は欠かせません。 ということで、朝食を取るようにしたのです。

これがよかったのか、朝食をしっかりと取るようにしてから便秘になることがほとんどなくなりました。 今までは頻繁に便秘になったりしていたので、これにはビックリしました。

朝食はご飯と味噌汁とおかずを取っていました。 朝からバランスのいい食事を取るようにしたのがよかったのかもしれません。

朝食を取るようになってからは、ほぼ毎日1回は出るようになりました。 しかも時間帯は朝が多くなりました。 なので、朝食を取ることで排便のリズムを上手く作ることができると思っています。

便秘に悩んでいる人は、バランスのいい朝食を心がけることが重要です。 便秘はとても辛いので、できる限り早く改善したいですよね。

善玉、悪玉だけじゃなかった!?腸内環境を決める隠れたもう一つの菌とは?

最近朝がツマリ気味・・・ポッコリお腹が気になってきた。 年々なんだか、体力も落ちて体のバランスが崩れてきているのかな? そんな加齢などによる実感を持たれている方も少なくありません。

その不調の原因は実は腸内の細菌バランスが大きく崩れているのが原因かも!?

◆善玉悪玉だけじゃなかった。腸内フローラの最適な割合って?

腸内には、ご存知の通り沢山の細菌が共存しています。細菌が住む腸内環境をまとめて呼んでいるのが腸内フローラ。 よく聞くのが善玉菌と悪玉菌。この二種類しかいないと思っている方もいらっしゃるようですが、実は善玉悪玉どちらにでも加勢して、効果を出す菌がいる事をご存知ですか?

腸内には善玉菌、悪玉菌の他に、日和見菌と言われる、良い働き悪い働きをする、菌の数が多いほうに加勢する菌が腸内にはひしめき合っているのです。 もちろん体を健康的に保つには、善玉菌を増やす方が良いのですが、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合が2:7:1に近い程、健康的な腸内バランスと言えるのです。

ただ残念な事にこのバランスは、生活環境の乱れや加齢によって、幼児期に95パーセントいる善玉菌が、成人になると10パーセント、60歳以上になると1パーセントに減少してしまうのです。

60歳を過ぎるとおよそ、幼少期の100分の一にまで腸内の細菌数が全体的に減ってしまうとなると、食事をしても分解吸収能力は当然落ちてしまう事になり体のトータルバランスも崩れがちになってしまうのです。 そんな何とも難しい腸内フローラの割合ですが、実は善玉菌を取り続ける事で幼児期の様な健康的な腸内環境へと整える事が出来るのです。

◆腸内環境最適化乳酸菌サプリで腸内フローラを整えよう

多様な要因による難しい腸内フローラの維持や、悪玉菌とそれに加勢する日和見菌を、善玉菌優勢に変えてくれるのが「善玉菌のチカラ」なのです。

善玉菌のチカラは、あの「フジッコ」さんが開発した乳酸菌サプリで、カスピ海ヨーグルト由来の乳酸菌と食物繊維を同時に摂取できるのが特徴。 その大きな効果を発揮してくれるのが生きて大腸まで届く、「クレモリス菌FC株」というフジッコさん独自の乳酸菌のおかげなんです。

乳酸菌やビフィズス菌の多くは胃酸に弱く腸に届くまでに死滅してしまうのですが、この「クレモリス菌FC株」という乳酸菌は、強い粘り成分を持ち生きて大腸まで到達できる乳酸菌なのです。

更にはこのクレモリス菌FC株乳酸菌の他に、乳酸菌の効果を高める食物繊維、日本人に不足しがちなカルシウムもプラスして、腸内から健康をアシストしてくれるのがこの乳酸菌のチカラです。価格も一日約66円(※)とお財布にも優しい価格は流石フジッコさんならではです。

最近体が重たいなとか、加齢とともにだんだん落ちてくる体力回復には、腸内フローラの改善が大切。 腸内の細菌バランスを整えて活力ある生活をおくってみませんか?